NTT東日本フレッツ光キャンペーン申し込むならここ!

 

  • ギガ推し!キャンペーンで割引!
  • 特別な手続きが不要な自動キャッシュバック
  • 10,000円バックのお得キャンペーン

 

開通に至るまでに、どのようなフローが必要?

フレッツ光をインターネットを申し込む時には、最初に郵便番号を入力します。

 

 

これによって、サービス提供エリア内かどうかチェックされ、エリア内であれば、今度 は電話番号と回線を引く建物を入力する画面に移ります。

 

 

この2項目に問題がなければ、そのまま申し込み画面に移ります。

 

 

この画面は、わたしの兄弟の郵便番号と電話番号を入力した後に表示された画面です。

 

もし、電話番号と建物の種類だけでフレッツが申し込めるか判断できない場合は、この 画面が表示されます。

 

わたしの場合は、この画面が表示されてしまいました(泣

 

 

画面には、フレッツが利用可能かどうかNTTで確認を行ない、利用可能な場合は折り返 しの電話をすると書かれています。

 

その翌日、早速NTTから電話があり、フレッツは利用できると言われ、ほっとひと安心。

 

しかし、わたしが住んでいるマンションは、オーナーがNTTと契約をして集合住宅用の 設備を設置しなくてはならない状況でした。

 

すぐにNTTの担当者がオーナーに交渉してくれましたが、残念ながら答えはNG。

 

仕方なく、戸建住宅用の回線契約をすることになりました。

 

フレッツの申し込みをした2日後に、このような書類が郵送されてきました。

 

 

中を開けると、開通のご案内と設定ガイド、そしてCD-ROMが入っていました。

 

 

設定ガイドは、図やイラスト入りで非常に分かりやすく説明されており、開通工事前に チェックする項目も記されていました。

 

 

開通工事前に必要なのは、光回線を自宅に引くための穴があるかどうかを確認すること です。

 

戸建住宅の場合、光回線を通すための穴は、電話線の配管かエアコンダクトの穴を使う 方法と、壁に穴を開ける方法があります。

 

賃貸で借りている家で壁に穴を開ける場合は、オーナーの許可が必要になるため、家主 の許可を得ておく必要があります。

 

フレッツ回線が引かれたマンションの場合は、工事日に光回線設備が設置されている共 有部分で作業が発生するため、管理会社やオーナーに頼んでその施設内に入れるように 連絡しておく必要があるそうです。

 

わたしの場合は、フレッツ回線が引かれていない賃貸マンションだったため、戸建と同 じ方法で、壁に穴を開けて回線を通さなくてはなりませんでした。

 

電話線の配管もエアコンのダクトも使えなかったため、わたしからだけでなく、NTTの担 当者からもオーナーに説明をしてもらい、なんとか工事の許可をもらいました。

 

その許可が下りてから、NTTに最短で工事をお願いしたところ、工事日は約10日後に決定 しました。

 

工事当日は、室内での作業も発生するため、わたしか妻の立会いが必要となりましたが、 高速回線をいち早く体感したかったので、わたしが有休を取って立ち会うことにしました。

NTT東日本フレッツ光キャンペーン中!

 

  • ギガ推し!キャンペーンで割引!
  • 特別な手続きが不要な自動キャッシュバック
  • 10,000円バックのお得キャンペーン

 

NTT東日本フレッツ光回線が開通するまでは?【申し込みの流れを解説】関連ページ

実際に申し込みをしたときの様子【写真付きレポート】
ネットから申し込むと無料期間が増えるので、ネットがおすすめです。自宅のパソコンがネットにまだつながっていなければ、職場のパソコンを使わせてもらったり、友人宅などで利用させてもらいましょう。
工事について
NTT東日本のフレッツ光の工事についてご紹介します。私の場合はエアコンダクトではなく壁に穴をあけました。工事の人は慣れた手つきでテスト接続を確認していました。
自分でできる無線LAN配線
自分で無線LANルーターの接続の設定をしてみました。一応つながったのですが、トラブルもあったので再接続しようとしたのですが…。
ルーターの設定
工事が終わって早速自宅の中の設定をしようとしたのですが、設定CDの簡単設定が使えずにかなり大変でした。申し込みから2ヵ月は無料というリモートサポートで対応しました。
申し込み特典について
工事費が実質無料になるなど、初期費用の大きな出費が必要なかったのがうれしかったです。他にも、フレッツ光メンバーズクラブに入ることで毎月の料金がさらに安くなるのもいいところ。
前のネット環境と比べた感想
ケーブルテレビの12Mでも、集合住宅で一斉に使っていたせいでものすごく遅かったので、NTT東日本フレッツ光に変えたときは本当に驚くほど速くてものすごく快適になりました。