NTT東日本フレッツ光キャンペーン申し込むならここ!

 

  • ギガ推し!キャンペーンで割引!
  • 特別な手続きが不要な自動キャッシュバック
  • 10,000円バックのお得キャンペーン

 

前のネット環境と違ってどう?(総評)

フレッツ光を申し込んでから開通まで、色々と、すったもんだがありましたが(笑)、 やはり通信速度が速いと想像以上の便利さと快適さを感じています。

 

光回線を引くまでは、ケーブルテレビのインターネット回線を利用していましたが、今 では考えられないほど遅い通信速度で、時間を無駄にしていたなぁと、改めて実感して います。

 

ケーブルテレビのインターネット回線は、マンションにあらかじめ導入されていて、無 料で使えるサービスだったので、速度の遅さを感じていても、仕方ないと思っていまし た。

 

マンションに入居する時には、ケーブルテレビ会社の担当者から

 

「インターネットは12Mbpsのコースなので、不便はないと思います」

 

と言われていましたが、実際は不便だらけでした。

 

わたしの場合、自宅で仕事をすることもあり、当然、パソコンも使います。

 

メールのやり取りだけでなく、サイズの大きいファイルのダウンロードやインターネッ ト回線を使ってのテレビ会議を行なうこともあります。

 

ファイルのダウンロードであれば、時間がかかっても、その間に他の作業ができるので 我慢はできますが、テレビ会議を自宅でやるとなると、映像はカクカクするし、音声も 遅れて届くので、

 

「会社で仕事をしたほうが効率的だ!」

 

と思うことが何度もありました。

 

でも、自分自身の不勉強も問題だったと思っています。

 

というのも、12Mbpsの回線を利用しているので、てっきり、この回線速度が出ていると 思いきや、実際に計測してみると、なんと、、、

 

 

1Mbpsしかでていない!!

 

パソコンやインターネットは、かなり前から使っているので、それなりの知識は持って いると自信を持っていましたが、なんとなく知ってはいるものの、曖昧に覚えている用 語や仕組みもたくさんありました。

 

そのひとつが、ケーブルテレビの12Mbpsという通信速度は、あくまでも「理論値」であ って、実際の通信速度「実測値」とは大きく異なることです。

 

回線速度が保証された専用線を引かない限り、12Mbpsのコースでも、わたしのように 1Mbpsしか出ないことはよくあることらしいです。

 

そういえば、ケーブルテレビ回線を利用する前は、ADSL回線でしたが、この時もプロバ イダがうたっていた通信速度と差がありました。

 

会社の同僚に聞いたところ、インターネット回線はベストエフォートという方式の回線 で、特にADSLは電波の影響を受けたりして、通信速度が遅くなるのは常識だと言われた ことを、今頃になって思い出しました。

 

光回線を引いたわが家のインターネットの通信速度は、一気にここまでスピードアップ しました。

 

 

今までの32倍の、42mbps!!

 

自宅に光回線が引かれた直後は、回線速度の理論値と実測値の違いを忘れていたので、 「なんで100Mbps出ていないんだろう?」 と不思議に思いました。

 

でも、理論値と50Mbps以上の差があっても、42Mbpsも出ていたら、今までの通信環境 とは雲泥の差があります。

 

仕事で使うファイルのダウンロード、アップロードは本当にあっという間にできます。 メールでは送れない10Mぐらいのファイルでも、数秒で完了します。

 

 

もちろん、テレビ会議の画面もスムーズですし、音声が途切れたり映像とずれたりする こともありません。

 

プライベートでは、動画サイトでメジャーリーグのライブ中継を見るのが一番の楽しみ でしたが、ケーブルテレビの回線での再生は無理があったようで、途切れ途切れの再生 になることがほとんどでした。

 

でも、光回線にしてからは、テレビと同じようなスムーズな再生になったので、大感動 しています。

 

費用面では、マンションのオーナーの都合もあって、回線を引くための予想外の出費が 発生しましたが、これまた予想外の値引きと、毎月貯まるお得ポイントで、結果的には トータルで数百円アップした程度でした。

 

これに、同時に導入した光電話で節約できた通信料も加えて計算すると、光回線導入前 より通信費が下がる結果になりました。

 

さらに、通信回線が安定したこともあって、パソコンへの負荷も軽減されたようです。

 

以前だったら、動画サイトの映像を再生すると、パソコンのファンが大きな音を立てて 動き出していました。

 

これは、メモリやCPUがフル稼働して熱を発生しているためです。

 

画面を拡大して動画を見ようものなら、その音はさらに大きくなって、 「パソコンが故障するんじゃないか?」 と心配になるぐらいでした。

 

光回線にしてからは、パソコンからファンの轟音が聞こえることはありません。

 

ここまでインターネット環境が変わって、仕事はスムーズになり、プライベートでは楽 しみが数倍広がったので、光回線に乗り換えて大満足しています。

 

最初は光回線の導入に反対していた家内も、電話代と合わせた通信費が年間で2万円近く 安くなることが分かったので、文句を言うはずがありません(笑)。

 

これから先、わたしの会社では業務効率化と光熱費削減のため、自宅勤務の日がさらに 増えてきそうです。

 

光回線を導入したことで、自宅でも会社と同じような環境で仕事ができるので、家族と のコミュニケーションも増えそうで、想像以上にメリットが大きい結果になりそうです。

NTT東日本フレッツ光キャンペーン中!

 

  • ギガ推し!キャンペーンで割引!
  • 特別な手続きが不要な自動キャッシュバック
  • 10,000円バックのお得キャンペーン

 

NTT東日本フレッツ光になってどうなった?前のネット環境との【比較】関連ページ

実際に申し込みをしたときの様子【写真付きレポート】
ネットから申し込むと無料期間が増えるので、ネットがおすすめです。自宅のパソコンがネットにまだつながっていなければ、職場のパソコンを使わせてもらったり、友人宅などで利用させてもらいましょう。
開通までの流れ
フレッツ光のお申し込みの流れを解説します。お急ぎの方もそうでない方も全体の流れを知っておくと便利ですからぜひご覧になっていってください。
工事について
NTT東日本のフレッツ光の工事についてご紹介します。私の場合はエアコンダクトではなく壁に穴をあけました。工事の人は慣れた手つきでテスト接続を確認していました。
自分でできる無線LAN配線
自分で無線LANルーターの接続の設定をしてみました。一応つながったのですが、トラブルもあったので再接続しようとしたのですが…。
ルーターの設定
工事が終わって早速自宅の中の設定をしようとしたのですが、設定CDの簡単設定が使えずにかなり大変でした。申し込みから2ヵ月は無料というリモートサポートで対応しました。
申し込み特典について
工事費が実質無料になるなど、初期費用の大きな出費が必要なかったのがうれしかったです。他にも、フレッツ光メンバーズクラブに入ることで毎月の料金がさらに安くなるのもいいところ。