NTT東日本フレッツ光キャンペーン申し込むならここ!

 

  • ギガ推し!キャンペーンで割引!
  • 特別な手続きが不要な自動キャッシュバック
  • 10,000円バックのお得キャンペーン

 

テレビ会議や生中継が止まる

 

会社の仕事を家に持ち帰って、土日に仕事をすることは昔からよくありましたが、数年前にバリバリのIT企業に転職してからは、その機会が一気に増えました。

 

さらに原発の問題があって、昨年の夏から行なわれている節電で、働き方が変わりつつあります。

 

昨年の夏は、会社に出社する日が3分の1になり、その代わり、社員の自宅をネットでつないで、チャットを使った打ち合わせやテレビ会議を実施することが多くなりました。

 

今年もその流れは変わらず、むしろ、自宅勤務の時間を長くしようという話も出ています。

 

テレビ会議のセッティングは簡単でしたが、問題はうちのインターネット回線。

 

実際にテレビ会議システムに自宅のネットワークをつないで見ると、各社員の顔は映りました。

 

社員が動いてもかなりカクカクしていましたが、それでも何とか会議はできそうな感じでした。

 

音声は問題なく、少し遅れて届く感じはしましたが、相互の会話には支障がありませんでした。

 

問題なのは、画面上にテレビ会議に参加している社員の顔と、会議室でも使うようなホワイトボードが表示されるのですが、このホワイトボードに表示がうまくいかない。。。

 

このシステムを提供している会社に問合せましたが、推奨している通信回線は、下りで512Kbps以上、上りで256Kbps以上 ということなので、上りに関してはギリギリの回線であることが分かりました。

 

さらにさらに、テレビ会議のシステムを自宅に導入してから1年、最初はきちんと表示されていた映像はかなり重くなり、音声も遅れて再生されるようになってきました。

 

仕方なく、会社のテレに会議にはスマートフォンを使って参加していますが、画面が小さいので、使いにくいし、見にくいし。。

 

ホワイトボードの文字なんて、見れたもんじゃありません。

 

会議が終わるたびに、同僚に電話をして、会議で聞き取れなかった箇所やホワイトボードの内容を確認せざるを得ませんでした。

 

この先も、こうしたテレビ会議を行なう機会は増えそうですし、在宅勤務も増えそうなので、上司にデータ通信カードを1人1枚支給して欲しいと懇願しているのですが、予算の都合で今すぐは対応できないという回答。。

 

こんなんだったら、通勤時間がかかってもいいから、「オフィスで普通に会議をしたほうが効率的だ!」なんてストレスをためていました。

 

そんな矢先、自宅のケーブルテレビ回線に根本的な問題が見つかり、妻も納得して光回線に乗り換えられたので、テレビ会議の快適さは、もう、月とスッポンというぐらい、快適になりました。

 

カクカクしていた社員の動きは、普通の自然な動きになりましたり、ホワイトボードに記入しても、タイムラグもなく、書いたすぐ側から画面に反映されるようになりました。

NTT東日本フレッツ光キャンペーン中!

 

  • ギガ推し!キャンペーンで割引!
  • 特別な手続きが不要な自動キャッシュバック
  • 10,000円バックのお得キャンペーン

 

NTT東日本フレッツ光に変えた理由?テレビ会議の映像がまともに見れない関連ページ

ケーブルテレビ回線の速度低下で仕事にも支障が
ケーブルテレビをマンションで使えるようにしてもらっていましたが、利用者が多すぎてそれはもうひどい有様でした。まともにネットできる状況ではなかったんです。
プライベートでも動画やフラッシュのあるサイトがなかなか開かなくてイライラ
最近は、フラッシュを使ったサイトは当たり前にありますし、広告も大きくてきれいな画像がふんだんに使われるのが当たり前ですから、超低速だとイライラがつのります。
Huluなどのストリーミング系のサービスが使いものにならない
以前利用していたサービスが使えなくなるというのはやはり大きな変化でした。Huluは比較的低速なADSLでも利用している人がいるサービスですが、私の場合は全くダメだったんです。
通常のページでもたまにエラーがでて開けない
最近は、回線の高速化が前提としてホームページや各種サービスが作られているため、鈍足ネットサービスじゃ何もできなくなっていきました。私が必要としていることには圧倒的に速度が足りなかったんです。
表示待ちの時間を計算すると
イライラしながら遅い回線を使っていて、安いから我慢と自分に言い聞かせる生活がもたらす無駄な時間を計算してみました。すると、えええええ!?っていう驚きの事実が!