NTT東日本フレッツ光キャンペーン申し込むならここ!

 

  • ギガ推し!キャンペーンで割引!
  • 特別な手続きが不要な自動キャッシュバック
  • 10,000円バックのお得キャンペーン

 

私がフレッツ光に変えた理由とは?

 

わたしは、今のマンションに今から4年前に引っ越してきました。

 

前に住んでいたマンションは、オーナーがフレッツ光の回線を導入していたので、住人 全員が光回線を利用できる環境でした。

 

最初は不安定なADSL回線を使っていたんですが、入居中に大家さんの住民へのサービス として、マンション全ての部屋のフレッツの回線が引かれたんです。

 

ADSLから光回線に乗り換えたときは、その早さはもちろんのこと、安定性に感動したの を覚えています。

 

パソコンや家電製品に関わることが多いという仕事柄、最新の商品は人より早く試して いたので、スマートフォンなども普及する前から愛用しています。

 

無線LAN環境も昔から自宅で作っていて、ADSLでも光回線でも、ワイヤレスでインター ネットを利用していました。

 

ADSL回線の時は、はっきり言って、不満だらけでした。

 

無線LANは壁やドアなどがあると、それが障害物となって通信速度が落ちるんです。

 

これに加えて、自宅からNTTの基地局まで距離があったんで、ADSLの通信速度も遅くっ て、遅くって、、、

 

たしか、当時の通信速度は下り回線で1Mbpsの半分も出ていなかったと記憶しています。

 

自宅ではパソコンを仕事でも使うことが多いので、高い工事費を自腹で払ってでも、マ ンションの自宅に光回線を引きたかったんですが、マンションのオーナーがなかなかOK を出してくれませんでした。

 

でも、うち以外にも光回線の要望を出す住人が増えたらしく、ある日、フレッツ回線導 入のお知らせがポストに入っていました。

 

光回線が導入されて、無線LAN環境も再構築してみたら、体感で通信速度が10倍近くに スピードアップした感じで、とにかく感動したものでした。

 

なので、光回線の高速通信と安定度は、実体験として分かっていました。 (当時の光回線は、今ほど早くなかったですが・・・)

 

しかし、転職したことと、子供が大きくなって子供部屋が必要になったのを機に、今の マンションに引越しせざるを得なくなりました。

 

新しい家を探すときは、家の間取りや家賃はもちろんのこと、あらかじめ通信回線が導 入されていることも重視していました。

 

できれば、フレッツ光の回線が導入されているところが理想でしたが、最悪、ケーブル テレビでもいいか、と思っていました。

 

最終的に決まった今の物件は、ケーブルテレビが導入されている物件でした。

 

テレビの視聴もインターネット接続サービスも無料だったので、光回線の高速通信は名 残り惜しかったものの、これからは回線がタダで使えて、しかも専門チャンネルも無料 で見られるメリットがあるのはラッキーでした。

 

ケーブルテレビの通信速度は12メガのコースだったので、 「ADSL回線よりましだったらいいや」 と割り切っていました。

 

ケーブルテレビ会社のホームページを見てみても、この程度の通信速度だったら動画も ストレスなく見られるようだったので、不安は感じていませんでした。

 

しかし、いざ入居してインターネットを使ってみると、、、

 

「ADSLより遅く感じる、驚愕の遅さ!!」

 

最初は無線LAN環境で使っているから、何か障害になるものがあるかと思いました。

 

でも、無線LANルータとパソコンは、以前と違って離れた場所にあるわけではないし、 通信の障害となるドアなどもない。。。

 

ためしに、無線LANではなく、ルーターからケーブルを引っ張ってきて、パソコンに接続 してみても、速度はほとんど変わらない。。。

 

プライベートのメールを送受信したり、検索サイトを使う分には問題ありませんが、仕 事の添付ファイル付きのメールや動画サイトなどは、めちゃくちゃ重い!

 

妻は

 

「タダで使えるんだから、がまんしなさいよ!」

 

と言っていましたが、プライベートで使うインターネットはまだしも、仕事で支障がで るのは大問題。

 

その後も、ルーターを変更してみたり、パソコンのメモリを増設してみたりと、できる 限りの対処はしてみたものの、状況は一向に変わらず。

 

ケーブルテレビ会社のサポートセンターに何度か問合せてみましたが、こちらも色々と 調べてはもらったものの、

 

「原因は分かりません」 「12Mbpsというのは、あくまでも理論上のスピードですから、、、」 「お客様の他にも、こうしたケースはありますので、、、」

 

といった、なんとも無責任に感じる対応。。。

 

仕方ないので、会社で支給されていたデータ通信カードを自宅でも使ってインターネット を利用していました。

 

データ通信カードのほうが、断然スピードが速く、動画サイトなどもサクサク見られてい ました。

 

でも、データ通信カードは会社のものだし、部署のメンバーで共有しているので、毎日自 宅で使える訳ではなく。。。

 

個人用にデータ通信カードを買うことも検討しましたが、こちらは月額利用費用が想像以 上に高く、毎月5,000円ぐらい掛かります。

 

妻に相談しましたが、もちろん、却下されました。

 

自分の小遣いで払うならいいと言われましたが、毎月の小遣いの4分の1が通信費に消える なんて。。。

 

そんな状況を3年以上我慢してきたわけですが、ここ1年ぐらい、このケーブルテレビのイ ンターネットの速度が更に低下してきました。

 

気がついたら、動画サイトを再生しても画面に表示されない状態に。

 

通信速度の遅さを気にしていなかった妻も、さすがに遅いと口に出すようになってきまし た。

 

さすがにここまで遅くなるのは大問題なので、もう一度ケーブルテレビ会社に電話をして、 状況を説明したところ、技術担当者が調査に来ることになりました。

 

その結果、うちに引かれているインターネット回線は、共有している世帯数が非常に多い ため、速度の低下は避けられないということが分かりました。

 

現状での対処策は、何もないそうです。

 

ケーブルテレビ会社から提案されたのは、現状のケーブルではなく、今よりも高速の通信 回線に変える、といった内容でした。

 

もちろん、高速回線は高いです。

 

月額料金は、6,000円を超えます。

 

でも、このケーブルテレビの回線は、大家さんが契約しているものなので、状況を伝え て交渉すれば、大家さんの負担で高速回線にしてくれるかも! と思い、早速、管理会社を通して交渉してもらいました。

 

結果は、もちろんNG(苦笑)。

 

インターネットができているのであれば、現状で満足してください、とのことでした。

 

こうなってしまうと、もう、手も足も出ない状態なので、仕方なくデータ通信カードを 購入しようと色々と調べていたら、新しい規格のタイプのものが出ていて、月額費用が 安い上に、速度も速い!

 

でも、待てよ、、、

 

データ通信カードにしてしまったら、私のパソコンはいいけど、妻のパソコンは同時に インターネットができなくなる!

 

そんなこんなで右往左往していたところ、知人からフレッツ光に改めて契約してみては? といったメールをもらい、早速フレッツのサイトにアクセスしてみました。

 

前回、フレッツ回線を使っていた時は、マンションの大家さんが引いた回線だったので、 契約時にいくらかかるとか、工事費用はいくらかかるといったことは知りませんでした。

 

今回は自分で契約するので、詳細もすべて確認したところ、工事費用も月額費用も、思っ たより安いことを知りました。

 

うちはマンションで集合住宅だから、3,000円弱で光回線が利用できて、しかも、初期に かかる工事費は実質無料!

 

さらに、使えば使うほど毎月の料金は下がって、その額は最高で2,600円という激安価格!

 

(後に、3,000円弱で回線が使えるプランは使えないことが判明。。。)

 

「通信費用は月額3,000円!」 「電話料金を劇的に安くする電話サービスがある!(少しオーバーですが(笑))」 「お得なポイントがいっぱいある!」

 

などと妻を強引に説得して、再び光回線の生活に戻るために、自らフレッツ光を申し込ん で、高速回線を取り戻すことにしました。

NTT東日本フレッツ光キャンペーン中!

 

  • ギガ推し!キャンペーンで割引!
  • 特別な手続きが不要な自動キャッシュバック
  • 10,000円バックのお得キャンペーン

 

NTT東日本フレッツ光速い?私がフレッツ光を選んだ理由【工事費お得】記事一覧

プライベートで使うメールは、だいたいが文字だけなので、わたしが使っていたケーブ ルテレビの低速回線でも問題はありませんでした。でも、仕事のメールはそうもいかず。。。わたしが勤めている会社では、自分に直接関係のないメールでも、プロジェクト単位で 進捗確認のために、メールがCC(同報メール)で送られてきます。そのメールの数がとても多く、しかも添付ファイルがついているもの多いので、1通のメ ールを受信す...

パソコンをプライベートで使っていて、通信回線の遅さに一番イライラするのは、動画 が使われているサイトにアクセスした時です。最近では、検索サイトやプロバイダーのトップページの広告などにも動画が使われてい て、ページ全部のファイルを読み込むのに、非常に時間が掛かっていました。もちろん、普通の回線を使っている方でしたら、こんなフラストレーションを感じるこ ともないのでしょうけど。。。特にファッションや音...

プライベートでインターネット回線の遅さに一番フラストレーションがたまるのは、動画サイトにアクセスして動画を再生した時です。動画サイトを見ることは、インターネットの最大の楽しみですし、自分で撮った家族の映像をアップして、友人や離れた地に暮らす家族に見せたりしていたので、この楽しみが奪われてしまったのは、痛かったですね。。。今のマンションに引っ越してくるまでは、Youtubeもニコニコ動画も再生の途中...

会社の仕事を家に持ち帰って、土日に仕事をすることは昔からよくありましたが、数年前にバリバリのIT企業に転職してからは、その機会が一気に増えました。さらに原発の問題があって、昨年の夏から行なわれている節電で、働き方が変わりつつあります。昨年の夏は、会社に出社する日が3分の1になり、その代わり、社員の自宅をネットでつないで、チャットを使った打ち合わせやテレビ会議を実施することが多くなりました。今年もそ...

インターネットの通信回線が遅いと、動画サイトを見るときや容量の大きいファイルをダウンロードする時だけでなく、普通のページでもエラーが出たりして、かなりストレスがたまります。私の経験で一番腹が立ったのは、オークションサイトで出品商品を登録している時にエラーが出たことでした。オークションの情報って、商品の状態やキャッチコピーなどをかなり細かく入力したり、写真を何枚もとったりして、少しでも高く売れるよう...

これまでケーブルテレビの回線から、光回線に乗り換えた理由を書いてきましたが、決定打になったのは、知人から「速度が遅いインターネットの回線にかかる時間を時給で換算すれば、高速回線に乗り換えるメリットは、はっきり見えてくる」というアドバイスをもらったことでした。プライベートで使うインターネットは、通信速度が遅くても「今の回線は無料で使えるのだから、仕方ないな・・・」と割り切れたのですが、自宅で仕事をす...